プロミスってどう

MENU

プロミスってどう?

★概要

 

利用している消費者金融が倒産した場合にも、返済は引き続き変わらず行います。倒産をする心配の少ないメガバンクでカードローンを利用するのは安心ですが、消費者金融でも大手の会社では銀行のグループに入っている為に比較的その心配も少ないと言えるでしょう。

昔の消費者金融は今の様には銀行のグループに属する事は殆ど無く、独立の消費者金融として全国に多くの支店を置いていました。それがグレーゾーン金利での融資が廃止されてからは、過払い金請求により消費者金融は業界全体で経営が困難となりました。グレーゾーン金利とは利息制限法で定められた上限金利で融資をするべきであったものが、それよりも上限金利の高い出資法で定められた金利を適用していた事が発端となりました。それは利息制限法の上限を超えて融資をしても罰則が無いからでした。(出資法の上限金利を超えた場合の罰則は有り)
利用者は支払わなくても良い金利を元金と一緒に支払っていた為に、結局は利用者が一斉に過払い金請求を始め、消費者金融会社はその支払いに追われる事になりました。

 

その為に多くの消費者金融は経営困難となり、大手消費者金融では経営の危機を乗り越える為にこぞって銀行の傘下に入りました。その中で昔からあった【武富士】は倒産をし、アイフルは現在も独立の消費者金融として保っていますが、内情は多くの負債を抱えているという事です。

 

その中でアコムやプロミスは銀行のグループ入りをする事で、生き残る事に成功をしたのです。
またレイクも昔からあった消費者金融ですが、こちらも新生銀行の子会社となり生き残りに成功をしていますが、サービスは引き続き同様に行われていますが経営の形態は銀行に変わりました。

 

 

 

 

【利用している消費者金融が倒産したらどうなる?】

 

預金をしている銀行が倒産した場合には1つの銀行につき1,000万円までは保障されます。また加入をしている保険会社やFX投資等を行っている会社が倒産した場合でも保障がされるシステムになっています。
それでは借金についてはどうでしょうか?お金を借りている消費者金融が倒産をした場合、返済義務はどのようになるかと言えば、倒産した消費者金融の債権を引き受けた会社に引き続き返済をする事になります。利用者から見ると今までと同じ返済方法が継続されるので、返済をする会社が変わってもそれ程影響は無いものと考えられます。それでも借入れをした会社ではない所に返済をする事には、多少の抵抗を感じるかも知れませんね。一定の手続きも必要になるようなので、面倒な手間が掛かるのは迷惑と言えるかも知れません。それならば銀行の傘下となっている大手消費者金融を利用した方が、安心と言えるでしょう。

 

 

 

 

【消費者金融よりも倒産の心配が少ない銀行を利用した方が良い?】

 

利用をしている金融機関が倒産する事態となると、預け入れをしていなくても多少は心配になる事もあるでしょう。銀行が倒産もありますし、一時は不良債権問題で経営が困窮していた銀行も多かったようです。そんな状況下で現在は銀行も合併吸収等を繰り返し、昔よりも大手銀行の数は減少しました。最近は「都市銀行」というよりも「メガバンク」という呼び方が多くなっていますが、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行がそれに該当をします。

 

このような銀行では、個人向けのローン商品も多数ありますが、即日融資にも対応できるカードローンもあります。銀行は大口融資も可能で、低金利という事で利用をしやすいという事は言えますが、一般的に消費者金融よりも審査は厳しくなっているようです。

 

また少額の借入れをするならば消費者金融はオススメと言えます。消費者金融ではアイフルは1,000円からの融資を行っていますし、即日借入れに対応をしています。またプロミスやアコムでは無利息期間を設けていますので、初めての利用の時には優遇をされます。無利息期間では銀行である新生銀行レイクは2つの無利息サービスがありますし、ノーローンでも何度でも1週間無料サービスがあります。

 

大手消費者金融は、現在ではアイフル以外では銀行のグループに属している為に比較的倒産の心配が少ないと言えるでしょう。

プロミスってどう

 

お金を今すぐ借りたい